じっじの武勇伝♪その4 遂にお散歩デビュー!

我が家の一員となった頃は、気ままな猫暮らしを満喫していたみー太郎♪
所が、前述の<ドラ○もんの手事件>をキッカケにお散歩猫さんになって頂く事に!
その頃のみー太郎は、首輪に迷子札を付けてたのですが、そこで取り敢えず
リードを購入してひも付きお散歩レッスンが始りました♪
最初は「こんな事して嫌がるだろうな~?」とみー太郎との信頼関係が壊れる
のでは?と心配したのですが、ケガで弱気になったのか?、意外とあっさり
ひも付き散歩をクリア!
初日から、ちょっと面倒臭そうながらも私をぶいぶい引っ張ってご近所を
1周しました!
今迄、昼間は殆どお外で過ごしていたみー太郎は、お外に居たがるので
お散歩から帰ると暫く長めのリードを開けた玄関ドアに付けてお庭でまったり
してました。
その後、小さめのハーネスを発見してそちらに変更。
(その当時は、ハーネスの種類もとても少なくて今の様にオシャレな物も
 無かったのです…泣)
猫さんの首は、犬さんとは違って華奢なので(犬さんの首は格闘家タイプ♪
それに比べて猫さんの首は、女性の華奢な首かなと思います)
首を同じ様に引っ張るのは負担が掛かって良くないかな?と思ったからです。

その頃は、お散歩する猫さんは相当珍しくて、ご近所のおば様達から
「あら~!いい子でお散歩するのね~!!」と珍しがられてました。
特にご近所の駐車場に行ってタイヤをくんくんしたがるのでちょっと怪しい
猫連れのおばさんと思われてたかも知れません(笑)
駐車場の側には、猫草が生えてたりしたのでみー太郎のお気に入りスポット
だったみたいです。

冬になるとお散歩以外は、お家のコタツで過ごす事が多くなりましたが、
雪が降った日もお散歩に出たがって雪の上をサスガに冷たかったのか
足をぷるぷるさせながら歩いて梅の花の跡を付けていました♪

お散歩生活は、アトムが弟分としてやって来た後も暫く続きましたが、
みー太郎だけ外に出すとアトムが寂しがるのとそろそろシニアの仲間入りを
する頃だったので徐々にアトムとふたりお家猫生活に転向して貰いました。
アトムが来てくれたお陰でお家生活も楽しくなり、お留守番も寂しくなくなった
のが良かったみたいです♪
みー太郎お兄ちゃんだけお散歩だにゃんて…羨ましかったにゃ!」by アトム
画像

だって君は、お散歩レッスンをクリア出来なかったからだよ~!
(このお話は、又後日…)

それから3年後にレオ様との出会いがあり、<大家族への道>
を突き進む事になろうとは!この頃は、思いもしなかった古き良き時代♪
の思い出話でございましたとさ。
「今では朝、新聞取る時に抱っこして貰ってお外をチェックするのが
  日課だにゃ~♪」by みー太郎
画像


皆様、取り留めのない長話しにお付き合い頂き、
ありがとうございました♪
みー太郎は、ご長寿猫様目差して今日もぶいぶい言わせております!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まる@菊丸
2006年04月05日 00:18
猫母さま、お疲れ様でした!アトム君、きっとお母さんいにゃい~と探しにいっちゃったんですよ~!それともみー太郎君武勇伝に触発されて冒険しようと?!
みー太郎くん武勇伝、立て続けに読ませて頂きました♪ドラえもん手って、薬でよくなってほんと良かったですね(^^*) 猫さまって病気や怪我でも我慢しちゃうみたいなので、見てる方は心配で気がきじゃないですよね(T_T)
お散歩もそれはそれで楽しそうだけど、猫家族も増えて、お家でみんな仲良く安心して過ごせる様になってきっと幸せですね(=^_^=)
猫母
2006年04月05日 13:43
まる@菊丸様へ♪
ありがとうございます。
そっか!アトムもお兄ちゃんを見習って武勇伝を作りたかったのですネ!(笑)でも、お家の中での武勇伝を目差して欲しいです(切実!)
あの時は良い子でお薬入りのごはんも食べてくれて、早く治ってホント良かったです。ご心配ありがとうございます♪
その後はケガをする事もなくなって、今まで健康優良児で過ごしております。
お散歩は引退してしまいましたが子や孫?がいつの間にか増えちゃって、外よりも賑やかになって刺激が出来て良かったのかもしれません(笑)
くみこ
2006年04月05日 21:35
お散歩するみー太郎おじいちゃま、とても珍しかったでしょうね!
私コタ君がお散歩してるのを読んでそれはそれは驚きましたもの。
時代を先取りね!
あ、でも、これ書きながら思い出したのですが、モモちんのお母さんとおばあちゃんは、リードをつけて公園を散歩というか、疾走していたそうです。
すれ違う人が「あれ、犬!?」「いや、タヌキだったよ!!」って言っていたそうです。
しゃけ
2006年04月05日 22:08
お散歩猫ちゃん、今でも珍しいのに、すでにデビューしていたとは、さすがみー太郎おじいさまです!!
なかなかお外の猫ちゃんが家に慣れるのは大変、て聞きますが、アトム君のお陰なのでしょうか~。
アトム君の「お散歩猫挫折編」も楽しみにしています(笑)
Fess
2006年04月05日 22:17
こんばんは。
お外生活が長かったのに、とっても素直でイイコでしたね、みー太郎さん。猫母さんちの猫さんになりたかったんですよ、きっと。
Fessも猫小屋が出来るまでの5年間はリードでお散歩♪が毎日の日課でした。記事を拝見していて思い出しちゃいました(;;)
アップのみー太郎さんの何もかもを悟ったような表情、とてもカッコイイです!
ミーシャ
2006年04月06日 02:42
私自身、猫にお散歩をさせたことがないし、また見かけたことがないので珍しいなと思いました。外猫だった場合はそのようにしてあげると良いのかもしれませんね。でも、アトム君のようにお散歩レッスンをクリア出来ない子もいますよね。
ともあれ、猫母さん、おつかれさまですね。猫母さんちのニャンコたちは幸せだわ。
アトム君のお散歩猫になれなかった訳も気になるわ~
みゃ♪
2006年04月06日 20:47
おおお!お散歩猫の大先輩ですね~。
そうですよね。今は猫専用ハーネスも種類がいっぱい出ていて、選ぶのに困るくらいですよね。
それでも、やはりお散歩猫は珍しがられます(笑)
・・・ええ、今日もワザワザ車を止めて見ていく人がいましたよ(^^;
猫母
2006年04月06日 22:43
くみこ様へ♪
「時代を先取り!」ありがとうございます♪
流行の先端を行き過ぎて、珍しがられてたみたいです(笑)
モモちゃんのお母様とおばあ様も同じく時代を先取り猫様だったのですね!しかも、わんこの様に疾走するなんて♪カッコイイです~!
犬or狸?で私も思い出しましたが、私の最初のお散歩猫さんは、高校時代の友人宅の白い多分、ペルシャちゃんで深窓の令嬢だったのでヒモ付き外出していたら近所の方に「白狸ですか?」と聞かれたそうです。ケーキのクリームが大好きで遊びに行くと「おねだりされてもあげないでね!」と友人からキツイお達しがありました(笑)懐かしいです♪
猫母
2006年04月06日 22:53
しゃけ様へ♪
ありがとうございます♪
流行に敏感な猫様だったようです(笑)
みー太郎の様に外で苦労した猫さんは、人に恩を感じてか良い子のお家猫になる話を聞いた事があります。義理堅いヤツみたいです♪
アトムが来てからは、お留守番も寂しくなくなったみたいでふたりの家猫生活を満喫しておりました。
でも、こんなに家族が増えたのは、彼も想定外(古い…笑)だったみたいです!

Fess様へ♪
ありがとうございます!家の子になって良かったと思ってくれてるのならこんなに嬉しい事はないですね♪
Fess君もお散歩猫さんだったのですよね。
以前の記事にお散歩の事が書いてあった時に私もみー太郎の事を思い出して懐かしくなりました。
今は、猫小屋ライフをエイリ君やアンズちゃんと満喫ですにゃ♪
アップのみー太郎は、我ながらいい感じに渋く撮れたのが良かったかなと(自画自賛…恥)
褒めて頂いて、みー太郎も益々チョイワルおやじを目差すみたいです♪
猫母
2006年04月06日 23:04
ミーシャ様へ♪
ありがとうございます。
ミーシャさんのご近所は、お隣さんと言い猫さん達がまだのびのび出来る環境なのでしょうね。
それも又、羨ましいです♪
みー太郎の場合、やんちゃが過ぎたので已む無くお散歩猫になって貰いましたが、そのお陰で今まで一緒にいられた様な気がします。
アトムは、意外にびびりん坊だったのですよ!(笑)詳細は、アトムの許可が下りたらお話しますのでお楽しみに♪

みゃ♪様へ♪
コタちゃんと言えば、私の中ではもうお散歩猫さんの代名詞ですね!
昔は、小さいハーネスが無くてやっと見つけたのが細い紐の頼りなげな物とかで良いのが出るまで苦労しました。コタちゃんの赤いベストは、カッコイイですよね♪今、家のみー太郎がしたら還暦のちゃんちゃんこになりそうですが…(笑)
ワザワザ車を止めて見てもらえるなんて!
TVデビューも近いかも!(今日のわんこ?!)
<土曜日のにゃんこ>が無くなったみたいなのが残念です。

この記事へのトラックバック